日記

身体の内側から乾燥肌の改善が期待できる食材とは?


保湿ケアは美容の最も重要なポイントのひとつですが、いろいろケアをしているのに肌がカサカサ、ガサガサする…という人もいるようです。
化粧品ばかりに頼らず、身体の内側から保湿ケアをしてみませんか。

食事に気をつけよう


肌の乾燥というと化粧品でのケアに気を遣いがちですが、身体の内側からケアすることで根本的な解決法が得られるケースも少なくありません。
身体の内側からというのは、つまり「食事」です。
栄養バランスのよい食事は健康的な身体を作るのに非常に重要であるというのは皆さんご存知かと思いますが、肌にも大きな影響を与えます。
栄養バランスの悪い食事では肌の健康に必要な栄養素が摂取できないだけでなく、身体の代謝も下がって肌表面の皮脂が減り乾燥してしまいます。
したがって、栄養バランスの良い食事は乾燥肌の改善に効果的というわけです。

ビーグレン 口コミもチェックして乾燥肌を改善するのもおすすめ。

肌によい食材はコレ


バランスの良い食事をとるのと併せて、乾燥肌の改善に効果的な食材というのも存在します。
まずひとつ目が、アボカドです。
アボカドは「森のバター」といわれるほど栄養たっぷりです。
肌の健康によいビタミンAやC、B2、Eなどのほか、不飽和脂肪酸であるオレイン酸、セラミドの生成に必要なリノール酸、リノレン酸などは角質層を保護してくれます。

ふたつ目は、納豆です。
納豆の大豆には女性ホルモンと似た性質を持つ大豆イソフラボンが豊富で、コラーゲンの生成を促してくれます。
またタンパク質は肌の潤いを保ち、亜鉛が肌の新陳代謝を促進します。
さらに、ナットウキナーゼという納豆にしか存在しない成分は血液をサラサラにしてくれるので肌に栄養を行き届かしてくれ乾燥肌の改善が期待できます。

たまごも乾燥肌に有効です。
卵黄に含有されるビオチンは皮膚を健康にし、タンパク質や脂質、ビタミンAのほか、コラーゲンの生成に必要なアミノ酸プロリンの働きも重要です。

アーモンドもビタミンやミネラルをバランスよく含んでいる栄養価の高い食べ物です。
ビタミンEは抗酸化作用が高く、オレイン酸は乾燥から肌を守ってくれます。

イワシやサバなどの青魚には、血液をサラサラにして肌のターンオーバーを促すDHAやEPAといった不飽和脂肪酸のほか、肌の潤いを保つタンパク質も豊富です。
魚を調理するのが面倒、という人なら、缶詰が料理の手間が掛からずリーズナブルです。

化粧品ならapp-cフラセラム 口コミでも評判がよく、私的には使ってほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です