女性体験談

コンシーラーを塗るならブラシがおすすめ


コンシーラーを使うとき、指で塗る人もいればブラシを使う人もいます。
どちらが正解というわけではないのですが、カバー力をアップさせたいならブラシを使うことをおすすめします。

指で塗るか、ブラシで塗るか


コンシーラーは肌トラブルをカバーするだけでなく肌をきれいに見せてくれるので、メイクには欠かせないアイテムですよね。
ナチュラルメイクを目指している人も多いかと思いますが、コンシーラーコンシーラーブラシを使えば「ナチュラルでも美肌」を可能にしてくれます。
つるんとしたナチュラル素肌になれるだけでなく、カバー力もアップするので一石二鳥ですよ。

指でコンシーラーを塗っている人も多いのですが、どうしても力が入り過ぎて指にコンシーラーが戻ったりとしっかり塗れないこともあります。
ところが、ブラシを使えば無駄な力が入らずきれいに塗れます。
また、指で肌をこすらないので色素沈着の予防になるほか、鼻の凹凸など指ではうまく塗りにくい部分もブラシならきちんと塗ることができます。

ニキビ コンシーラー ランキングもチェック。

コンシーラーを目元で使用する場合


目元にブラシでコンシーラーを塗る場合には、リキッドタイプまたはクリームタイプの柔らかいコンシーラーがおすすめです。
なぜなら目元の皮膚は非常に薄く、スティックタイプの硬いコンシーラーではシワなどにコンシーラーが入り込みやすく却ってシワが目立つことにもなりかねないからです。
目元のクマのカバーには、ブラシにコンシーラーを少しだけ取って手の甲で量を調整しながら目の下の影になりやすい場所より広めにコンシーラーを乗せるのがポイントです。
そのあとは目の下のキワぎりぎりまで優しく塗って中心から外側へとブラシでぼかせば、コンシーラーが肌になじみやすくなります。
乾燥しやすい目の下は、一度にたくさん乗せずに少しづつ数回に分けて塗るといいでしょう。

スティックタイプの使い方


カバー力の強いスティックタイプのコンシーラーは、しみやそばかす、ニキビ跡のカバーにおすすめです。
塗り方はブラシでカバーしたい部分より大きめにコンシーラーを塗って、あとはスポンジでポンポンと軽く押さえるとコンシーラーが浮かなくなります。
コンシーラーは広い範囲のカバーは得意ではないので、シミやニキビ跡ひとつひとつにブラシで乗せるのがポイントです。

アヤナス 口コミも確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です